消費者金融の審査ガイド

お金のトラブルは人間関係において大きなトラブルに発展していく事のある問題です。お金に困る事になった時、それが本当に自分にとっての限界である のかなどをよく考える事が必要でしょう。もしも貯蓄などを崩す事によって対応する事が出来るのであればお金はなるべく借りない事が本当は良いのです。一度 でも誰かからお金を借りてしまうと、それがたとえ利息などを求められる事のない身内間での貸し借りであったとしても自分の人としての信頼を失うきっかけに なってしまう事もあるのです。誰に借りる事が問題ないという判断をするのではありません。お金を借りなければならないような事態になってしまう事が問題な のであり、それをしっかりと現実として受け止める事が必要なのです。

サラ金などで借金をする事はあくまでも最終手段であると考えるべき事 であり、本来であれば利用する事を余り考えない方が良いかもしれません。一度でもお金を借りる事の便利さになれてしまうと、そこから抜け出す事が出来なく なってしまう場合があるからです。余程の事情があり、しっかりと返済していく意思があるのであればサラ金以外にも選択肢があるかもしれません。自分に背負 いきる事が出来る事以上の負債などは背負った所で破滅に向かってしまうに過ぎません。そもそも自分で解決する事が難しいと感じているのであればお金を借り る事で解決する事だけを考えるのではなく他の方法なども考えてみる事が良いでしょう。自分が自分の欲のためなどにした借金でなければ、行動してみる価値は あるのではないでしょうか。

 

 

サラ金から消費者金融への変遷と変化

かつてはサラ金といわれていた消費者金融ですが、当時のイメージの悪さを払拭する為に現在の名称へと変わりました。現在でこそ貸金業法で規制されて いるため、比較的低金利で借り入れ限度額も年収の3分の1といった消費者にダメージの少ない形態を取ってはいますが、過去は借りやすい代わりに高金利、高 額の貸付により利益を上げていました。バブルの最盛期にはなんと利率が100パーセントを超えていた時代もあり、そのころの強引な取立てと悪意のあるイ メージを払拭する為に消費者金融というユーザーフレンドリーな名称に健康されたという経緯があります。とはいえ、近年もグレーゾーン金利問題で貸金業法が 規制された経緯もあり、体質的には中々改善していないのが現状のようです。

とはいえサラ金時代から何も代わっていないのかといえばそんな 事は無く、規制により金融商品でのまとまった利益を出せなくなったので、各社様々な方法を模索しています。例えば銀行と提携する事により強力なバックボー ンを手に入れる方法や、銀行のカードローンの保証人代理を行なって法人や企業向けの事業を開拓したり、数々の便利なサービスを開発してユーザーの利用率や 回転率を上げるよう促したりなど、企業努力をしっかりと重ねています。何より、以前と変わらぬ審査基準の緩さというのは、いざという時の保険として一枚懐 に入れておくだけのメリットはあります。借りることができる権利を持っておくというのは、決して悪い事ではありません。