必要経費をキャッシング

日本の歴史を学ぶため、必要経費をキャッシングで借り入れ

私は歴史ファンです。武者甲冑を見て、思わず着てみたくなり、骨董品を扱う店で相場を尋ねました。値段を聞いて、腰を抜かしました。その後、ある博物館に展示してある甲冑を見学するため、旅行に出かけました。旅先でふと懐が気になり、確認すると、帰りの旅費が無いことが分かりました。現地の無人契約機にて、即日融資を受けました。歴史の勉強は、お金がかかるものですね。

【体験者の情報】
性別:男
職業:会社員
年齢:33歳
借入額:5万円
借入先(業者):アコム

▼歴史ファン
私は、NHKの大河ドラマを見て、歴史にはまった者です。歴史は、様々なドラマが秘められています。人間関係のこじれが戦争につながったケースもあります。調べてみると、楽しいと思います。

歴史の世界では、全てがリアルです。漫画やアニメとは違い、現実の世界での出来事がそのまま封入されています。古代には古代の、近代には近代の、現代には現代のドラマがあります。この楽しみが理解できると、粋ですよね。

▼武者甲冑との出会い
それを見た時、私は雷に打たれた心地でした。もし私が戦国時代に生まれてきたなら、きっと足軽だったでしょう。その甲冑は、紅色を記帳とした装飾がされており、見るものを威圧する風格でした。

この甲冑を作った人は、相当の根性があったに違いありません。焼き増して重量が増した鉄、重たい刀を振り回せるような装具、何より兜の紋が、名将が着用していた証です。こんな甲冑が現存している何て、驚きです。

▼甲冑を見に、博物館へ
ある地方に、私が見たタイプと似た甲冑が展示されていると分かり、早速取材に出向きました。もっとも、テレビクルーではありませんので、一般客として、遠目から見るだけです。写真撮影はお断りされていましたので、甲冑を良く見て、特徴をスケッチしました。

困ったのは帰り道です。財布を見たら、お金がぜんぜんありませんでした。しかもその日は給料日前。まさか自宅までヒッチハイクで帰るわけにもいきません。困った私は、昔の人の気持ちを想像して、難局を乗り切りました。

▼資金調達の知恵
今の時代、資金調達はとても簡単です。ただし、その分利息がかかります。江戸時代のように「年貢」がない分、「日貢」が存在します。毎日人から利息を徴収できるシステムは、ある意味理想的だと思います。

昔は、信用でお金が借りられました。今は、土地や財産、生活余剰資金などで、審査結果が変わります。資本主義が日本に浸透した結果、「金がある奴が偉い」という風潮が蔓延しています。でも、個人的には、「お金に頼らない政治」も重要だと思います。

今回利用したキャッシングサービスは、アコムです。博物館を出て、宿に向かうまでに見つけ、早速無人機に入り、契約をしました。即日融資が受けられ、最短30分で審査が終わると伺い、すぐに申し込みました。1時間足らずで審査が終わり、希望額が銀行口座に振り込まれていました。

▼昔の人に学ぶ
昔の人は、城を建て、畑を耕し、経済を成り立たせていました。今の時代は、城がビルに、畑が大規模になりました。昔の人は、こんな時代が来ることを創造できたでしょうか。いや、できないだろうと思います。

歴史から学べることは、非常に多いと思います。ものさし一つなかった時代に、法隆寺や五重塔が建設され、金閣や銀閣も建てられました。現代のように鉄筋構造のビルがなくても、江戸時代の武家屋敷は台風に耐える作りでした。昔の人の知恵は、現代に息づいていると思います。

▼世のため人のため
時代劇ではありませんが、世間の風は冷たいです。人として、世間様に恥じない生き方がしたいです。もっとも、旅費の都合は自己責任です。歴史に詳しくても、金勘定に詳しくなければ、生活は苦しくなります。小さいうちに読み書き算盤を習っておいて、本当に良かったと思います。